FrenchBloom.Net フランスをキーにグローバリゼーションとオルタナティブを考える

All articles

浜和幸写真展 神戸元町パーラー・クニヲ

先日、神戸出身パリ在住の写真家、浜和幸さんとお会いして、いろいろ話をうかがった。現在、神戸元町のパーラー・クニヲのギャラ...

「そこには僕がよく知っている人達がいた」 ~黄色いベスト運動のデモに参加した作家エドゥアール・ルイの言葉

北フランスの小さな村に生まれ、地域全体を覆うひどい貧しさとゲイに対する偏見の中で凄絶ないじめを受けた過去を持つ26才の作...
2018/Dec/31 / category: 政治・経済

あるうち読んどきヤ!  『ルイーズ・ブルジョワ 糸とクモの彫刻家』  エイミー・ノヴェスキー 文 イザベル・アルスノー 絵 西村書店

子供向けの伝記、というのは立派な業績の持ち主についてのものだとばかり思っていた。遠い昔買い与えられたその手の本は野口英世...
2018/Dec/28 / category: 本・文学アート・デザイン

FRENCH BLOOM NET年末企画(3) 2018年のベスト本

第3弾は2018年のベスト本です。FBN のライターの他に、『泥海』で小説家デビューされた文芸評論家の陣野俊史さん、今年...
2018/Dec/26 / category: 本・文学

FRENCH BLOOM NET年末企画(2) 2018年のベスト映画

恒例の年末企画、第2弾は2018年のベスト映画です。フランス映画を中心に、アメリカ映画から日本やアジア圏の映画まで、幅広...
2018/Dec/24 / category: 映画

FRENCH BLOOM NET 年末企画(1) 2018年のベスト音楽

恒例の年末企画。第1弾は2018年のベスト音楽です。今回はFBNのライター陣の他に、マニアックなフランス音楽とフランス語...
2018/Dec/22 / category: 音楽

開かれた身体 マニュエル・ルグリ

あの日に見たものをどう表現しようか。伝わるのかどうか、わからない。それでも、言葉にしてみようと思う。 (さらに&hell...
2018/Dec/05 / category: 演劇・バレエ

追悼企画:ベルトルッチ映画は何を見るべきか②

2018年に公開された映画『グッバイ・ゴダール!』の中で、久々に「ベルトルッチ」という名前を聞いた人も多いのではないか。...
2018/Dec/02 / category: 映画

追悼企画:ベルトルッチ映画は何を見るべきか①

2018年11月26日、イタリアを代表する映画監督ベルナルド・ベルトルッチが亡くなった。享年77歳。数年前から車椅子生活...
2018/Nov/30 / category: 映画

日本のおむすび専門店、パリへ。日本食ブーム冷めやらぬフランスで奮闘する日本企業【2018年秋:和食レポ2】

2017年11月、日本のおにぎり専門店がパリにオープンしました。 お店を展開しているのは首都圏に43店舗、アメリカに2...
2018/Nov/26 / category: 食・レシピ

第2回FBN読書会を終えて:アニー・エルノー『シンプルな情熱』(1991)

第2回目の FBN 読書会は、課題本にアニー・エルノ-の『シンプルな情熱』を選び、2018年10月27日、神戸元町のブラ...
2018/Nov/17 / category: 本・文学

私、年を取った。 映画『カミーユ、恋はふたたび』(2012年)

テレビで映画を見る楽しみは、予期せぬいい出会いがあること。たまたま出くわしたそんなフランス映画を1本をご紹介したい(ある...
2018/Nov/16 / category: 映画

フランスの町とお菓子(5):パンデピス(Pain d’ épices)

フランス中東部、パリからTGV(高速列車)で1時間半とほど近くに位置するディジョン(Dijon)を首府とするブルゴーニュ...
2018/Nov/10 / category: 食・レシピ

秋の音をひとつ Septembre (Quel Joli Temps) Barbara(1964)

その季節になると聞きたくなる音がある。秋といえば、アコーディオンだ。冷房のきいた部屋でわざわざ聞きたいとは思わない。この...
2018/Oct/29 / category: 音楽

あるうち読んどきヤ!『見えない違い 私はアスペルガー』 原作:ジュリー・ダシェ 作画:マドモワゼル・カロリーヌ

マンガの伝える力に瞠目したのは、吉本浩二の『寂しいのはあんただけじゃない』を読んだときだった。文字情報だけではどういうも...
2018/Oct/08 / category: 漫画・アニメ

ベルギーからフランス語改革の狼煙~槍玉に挙がったのは「助動詞 avoir と過去分詞の一致」

2016年にフランス語の綴りが変わることが話題になっていたが、今度はフランス語圏の国のひとつ、ベルギーから改革ののろしが...
2018/Sep/20 / category: フランス語学習教育

偉大なる女優、樹木希林を追悼する――「ジュリー!」から是枝裕和まで

日本を代表する女優、樹木希林が亡くなった。全身がんに覆われていると告白してから5年、その日はいつ来てもおかしくなかったの...
2018/Sep/18 / category: 映画

あるうち読んどきヤ! 『むかしこっぷり』 おくやまゆか(ビーム コミックス)  

若いといえないお年頃になると、記憶のかけらに不意打ちされるようになる。すっかり忘れていたウン十年前の些細なあの時が突然蘇...
2018/Sep/10 / category: 本・文学
1 2 3 25
back to pagetop