FrenchBloom.Net フランスをキーにグローバリゼーションとオルタナティブを考える
フランス語フレーズ pick up 2017/Dec/18 updated
Chacun a son truc pour se calmer les nerfs.
人はみな自分の神経をなだめるためのコツを持っている。

映画『アメリ』の中のセリフ。八百屋のコリニョン氏のお父さんがアメリに向かって言う。お父さんは昔地下鉄の切符切りpoinçonneurをしていて、彼の癒しは、毎晩ローリエの葉に穴をあけること。「本当はリラの葉がいい」がと言うが、これはセルジュ・ゲンズブールの「リラの門の切符切り Le poinçonneur des Lilas 」を踏まえているのでしょう。

あるうち読んどきヤ! 『ワイン知らず、マンガ知らず』 エティエンヌ・ダヴォドー (サウザンブックス社)

ワインがわからない。メニューやワインリストの前では固まる。ワイン売り場にいたっては情報量に圧倒されて足が向かない。これで...
2023/Feb/05 / category: 本・文学食・レシピ

FRENCH BLOOM NET 年末企画(3) 2022年のベスト映画

第3弾は2022年のベスト映画です。ちなみにフランスの老舗映画雑誌『カイエ・デュ・シネマ』の2022年のベスト10には、...
2022/Dec/31 / category: 映画

FRENCH BLOOM NET 年末企画(2) 2022年のベスト本

第2弾は2022年のベスト本です。日仏織り交ぜて選んでいます。冬休みの読書の参考になれば幸いです。 (さらに&helli...
2022/Dec/30 / category: 本・文学

FRENCH BLOOM NET 年末企画(1) 2022年のベスト音楽

恒例の年末企画です。第1弾は2022年のベスト音楽です。フランスの音楽を中心に、2022年の音楽を幅広く選んでいただきま...
2022/Dec/29 / category: 音楽

アニー・エルノーの新しい挑戦  “Les Années Super-8”

アニー・エルノーのノーベル文学賞受賞のニュースはうれしい驚きではあったが、晴天の霹靂ではなかった。ここ数年封切られた映画...
2022/Dec/19 / category: 映画本・文学

第11回FBN読書会 を終えて:セリーヌ・シアマ『燃ゆる女の肖像』

2022年10月29日の穏やかな秋晴れの日、拙宅にお集まりいただいて第11回FBN読書会を開催しました。今回は趣向を変え...
2022/Nov/27 / category: 映画

3人のアンヌを愛した男――ジャン=リュック・ゴダール追悼

映画監督ゴダールが91歳でその生涯に幕を閉じたと聞いても、悲しむ者はそれほどいないのではないか。なぜなら、既にゴダールの...
2022/Sep/26 / category: 映画

Monsieur BERR の想い出 ― パトリック・モディアノ Patrick Modiano『1941年。パリの尋ね人』Dora Bruder(1997)読書会を終えてー

2022年7月2日(土)、コロナ禍のためほぼ2年半ぶりとなった第10回読書会では、ノーベル文学賞受賞作家、パトリック・モ...
2022/Sep/02 / category: 本・文学

第10回読書会を終えて:パトリック・モディアノ『1941年。パリの尋ね人』 

2022年7月2日(土)、@大阪は読書会メンバーIさん宅にて 読書会の後は、Iさん宅近くのIさんオススメのアジアンフード...
2022/Aug/22 / category: 本・文学

ピーター・ブルック逝去、あるいは「演出家の時代」の終焉

英国出身で世界的な活躍を見せた演出家ピーター・ブルックが7月2日に亡くなった。1925生まれで享年97歳だという。若くし...
2022/Jul/11 / category: 演劇・バレエ

The Original One ティエリー・ミュグレー

これまで何人ものファッション・デザイナーを取り上げてその人生を振り返ってきたが、そのほとんどが子供の頃からファッションの...
2022/Mar/09 / category: ファッション・モード

リチャード・ドレイファスのいたアメリカ――懐かしの1970年代の名優たち(12)

1970年代、アメリカ映画で大活躍をしていた一人の俳優がいた。リチャード・ドレイファス(1947-)である。彼が広くその...
2022/Jan/15 / category: 映画

FRENCH BLOOM NET 年末企画(3) 2021年のベスト映画

第3弾は20201年のベスト映画です。ちなみにフランスの老舗映画雑誌『カイエ・デュ・シネマ』の2021年のベスト10には...
2022/Jan/03 / category: 映画

FRENCH BLOOM NET 年末企画(2) 2021年のベスト本

第2弾は2021年のベスト本です。日仏織り交ぜて選んでいます。冬休みの読書の参考になれば幸いです。 (さらに&helli...
2022/Jan/02 / category: 本・文学

FRENCH BLOOM NET 年末企画(1) 2021年のベスト音楽

恒例の年末企画です。第1弾は2021年のベスト音楽です。FBNのライター陣の他に、今年も、マニアックなフランス音楽のツィ...
2021/Dec/30 / category: 音楽

Mon Belmondo ミッテラン世代が語るジャン・ポール・ベルモンド

ジャン・ポール・ベルモンドの訃報は、覚悟はしていたもののやはりショックだった。掛け値なしのスターがまた一人いなくなった。...
2021/Dec/14 / category: 映画

あるうち読んどきヤ! 『目に見えない傷 ドメスティック・バイオレンスを知り、解決するために』 レイチェル・ルイーズ ・スナイダー(みすず書房)

数年前にアメリカの雑誌の企画で「この夏おすすめの一冊」として取り上げられていたのがこの本を知るきっかけだった。夏といえば...
2021/Oct/17 / category: 本・文学

Un Bouquet pour Alber あるデザイナーの死

スペイン風邪についての本を読んでいると、罹患した著名人が登場し「この人が」と驚かされる。例えばアメリカの小説家、キャサリ...
2021/Aug/07 / category: ファッション・モード

About French Bloom Net

FRENCH BLOOM NET とは?

日常に散乱するフランス関連情報を集積し、コーディネートする「フランスの情報化」のプロジェクトです。
アート、音楽、サブカルチャー、教育やワークスタイルの多様化などの話題を中心に(時にはフランス以外の話題も)様々な角度から様々な話題をとらえて発信しています。 フランス語を学ぶモチベーションを高めるため、海外の情報の参考としてぜひご利用ください。

FRENCH BLOOM NET は大学のフランス語教師を中心とした10名あまりのライターによる投稿によって構成されています。

原稿や講演・セミナーや通訳等のご依頼、その他のお問い合わせは CONTACT  のページをご参照ください。

back to pagetop