FrenchBloom.Net フランスをキーにグローバリゼーションとオルタナティブを考える
フランス語フレーズ pick up 2017/Dec/18 updated
Chacun a son truc pour se calmer les nerfs.
人はみな自分の神経をなだめるためのコツを持っている。

映画『アメリ』の中のセリフ。八百屋のコリニョン氏のお父さんがアメリに向かって言う。お父さんは昔地下鉄の切符切りpoinçonneurをしていて、彼の癒しは、毎晩ローリエの葉に穴をあけること。「本当はリラの葉がいい」がと言うが、これはセルジュ・ゲンズブールの「リラの門の切符切り Le poinçonneur des Lilas 」を踏まえているのでしょう。

私にはファッションしかなかった     エマニュエル・ウンガロ   

昨年目にしたニュースに目を疑った。ソニア・リキエルが清算、全店舗を閉鎖したという。創始者が死去してまだそれほど経っていな...
2020/May/18 / category: ファッション・モード

新入生のためのFBNナビ2020

4月からフランス語を学ぶ学生さんたちのためにナビゲーション記事をアップしました。フランス語を始める人たちへのアドバイスに...
2020/May/02 / category: フランス語学習

“A bientôt sur la route!!” – ANGE結成50周年

1980年代後半のある日、私は六本木のレコード店WAVEの “ヨーロッパのROCK” コーナーを...
2020/Apr/30 / category: 音楽

カラーで蘇る戦場の若者のリアル 『彼らは生きていた』-“They Shall Not Grow Old”

カラー化というものに弱い。モノクロ映像でも十分わかるじゃないか、何のための想像力だ!と思うのではある。しかし、カラーで復...
2020/Mar/10 / category: 映画

A Muse Talked アンナ・カリーナの言葉より

アンナ・カリーナ。そのチャーミングな姿はフィルムの中で永遠の命を保ち、これからも見る人々を魅了し続けることだろう。「映画...
2020/Feb/13 / category: 映画ファッション・モード

文芸批評界の巨星、堕つ――「脱領域」の批評家、ジョージ・スタイナーを追悼する

比較文学研究の泰斗、ジョージ・スタイナーが2020年2月3日に亡くなった。パリに生まれ、仏、英、独の三言語に通じたスタイ...
2020/Feb/11 / category: 本・文学

フランスの小学校に入学してみたら(2)

さて、フランスの小学校に子どもたちを通わせるようになって、驚いたことがある。水曜日の午後が休みだとか、宿題がほとんどない...
2020/Feb/04 / category: ライフスタイル教育

第7回FBN読書会を終えて:マルグリット・デュラス『ボア』

2019年11月23日(祝)、六甲茶房にて、マルグリット・デュラスの『ボア』という作品を課題本として、読書会をいたしまし...
2020/Jan/27 / category: 本・文学

フランスの小学校に入学してみたら

前回の投稿からずいぶん時間が経ってしまいました。サバティカルでトゥールーズに滞在していますが、今回は小学生の子どもを二人...
2020/Jan/22 / category: ライフスタイル教育

FRENCH BLOOM NET 年末企画(3) 2019年のベスト本

第3弾は2018年のベスト本です。FBN のライター陣の他に、「私はカレン、日本に恋したフランス人」を発表されたじゃんぽ...
2019/Dec/28 / category: 本・文学

FRENCH BLOOM NET 年末企画(2) 2019年のベスト映画

恒例の年末企画、第2弾は2019年のベスト映画です。フランス映画を中心に、アメリカ映画から日本やアジア圏の映画まで、幅広...
2019/Dec/25 / category: 映画

FRENCH BLOOM NET 年末企画(1) 2019年のベスト音楽

恒例の年末企画です。第1弾は2019年のベスト音楽です。今回はFBNのライター陣の他に、マニアックなフランス音楽とフラン...
2019/Dec/22 / category: 音楽

いばらの野原を一人ゆく 『愛の記念に』

FBN読書会では『汚れた血』を取り上げたが、あの当時のフランス映画をもう一本取り上げてみたい。 (さらに&hellip...
2019/Dec/18 / category: 映画

第7回FBN読書会を終えて:ジェラール・ド・ネルヴァル「シルヴィ」

第6回FBN読書会で一区切りをつけ、第7回からは、我々の世代の王道であった19世紀フランス文学に取り組む新しい企画を始め...
2019/Nov/04 / category: 本・文学

マネを見逃してはならない!―『コートールド美術館展:魅惑の印象派』―

現在、上野の東京都美術館で『コートールド美術館展:魅惑の印象派』が9月10日から12月15日の会期で開催されている。なか...
2019/Oct/21 / category: アート・デザイン

「パリ・オペラ座の華」アニエス・ルテステュの日本公演

2019年秋、パリ・オペラ座バレエ団のエトワールとして君臨した稀代のバレリーナ、アニエス・ルテステュが日本に来日し、公演...
2019/Oct/18 / category: 演劇・バレエ

遂に明かされた<巨匠>の軌跡――「高畑勲展」

東京国立近代美術館で開催されていた「高畑勲展 日本のアニメーションに遺したもの」が、10月6日に会期を終えて閉幕した。関...
2019/Oct/14 / category: 映画漫画・アニメ

小さな「よそ者」が見た世界  リアド・サトゥフ 『未来のアラブ人』

子供の頃を綴ったメモワールが好きだ。気に入ったら何度でも読み返す。例えば I.B. シンガーのメモワール。 先の大戦でこ...
2019/Oct/07 / category: 本・文学漫画・アニメ

About French Bloom Net

FRENCH BLOOM NET とは?

日常に散乱するフランス関連情報を集積し、コーディネートする「フランスの情報化」のプロジェクトです。
アート、音楽、サブカルチャー、教育やワークスタイルの多様化などの話題を中心に(時にはフランス以外の話題も)様々な角度から様々な話題をとらえて発信しています。 フランス語を学ぶモチベーションを高めるため、海外の情報の参考としてぜひご利用ください。

FRENCH BLOOM NET は大学のフランス語教師を中心とした10名あまりのライターによる投稿によって構成されています。

原稿や講演・セミナーや通訳等のご依頼、その他のお問い合わせは CONTACT  のページをご参照ください。

back to pagetop