FrenchBloom.Net フランスをキーにグローバリゼーションとオルタナティブを考える

Category / 映画

3人のアンヌを愛した男――ジャン=リュック・ゴダール追悼

映画監督ゴダールが91歳でその生涯に幕を閉じたと聞いても、悲しむ者はそれほどいないのではないか。なぜなら、既にゴダールの...
2022/Sep/26 / category: 映画

リチャード・ドレイファスのいたアメリカ――懐かしの1970年代の名優たち(12)

1970年代、アメリカ映画で大活躍をしていた一人の俳優がいた。リチャード・ドレイファス(1947-)である。彼が広くその...
2022/Jan/15 / category: 映画

FRENCH BLOOM NET 年末企画(3) 2021年のベスト映画

第3弾は20201年のベスト映画です。ちなみにフランスの老舗映画雑誌『カイエ・デュ・シネマ』の2021年のベスト10には...
2022/Jan/03 / category: 映画

Mon Belmondo ミッテラン世代が語るジャン・ポール・ベルモンド

ジャン・ポール・ベルモンドの訃報は、覚悟はしていたもののやはりショックだった。掛け値なしのスターがまた一人いなくなった。...
2021/Dec/14 / category: 映画

『燃ゆる女の肖像』セリーヌ・シアマ監督 6月2日DVD発売

フランスの人文科学に親しんでいる者にとって、ギリシャ神話のオルフェウスとエウリディケの挿話はそれこそ耳タコで、『エッセ・...
2021/Jun/01 / category: 映画

わたしの戦争  アカデミー賞短編ドキュメンタリー部門受賞作『コレット』

アカデミー賞の短編ドキュメンタリー部門にノミネートされていたフランスに関する作品に、この度オスカーが授与された(下馬評に...
2021/May/06 / category: 映画

『ハッピー・バースデイ』Fête de famille カトリーヌ・ドヌーヴ主演、1月8日公開

この映画を観たあと「きっと家族に会いたくなる」なんて素直に言えるはずがない。むしろ、格差が家族間にも分断をもたらし、かつ...
2021/Jan/10 / category: 映画

FRENCH BLOOM NET 年末企画(2) 2020年のベスト映画

恒例の年末企画、第2弾は2020年のベスト映画です。フランス映画を中心に、欧米の映画から日本やアジア圏の映画まで、幅広い...
2020/Dec/26 / category: 映画

「旅のおわり世界のはじまり」

コロナ禍で映画館に足を運ぶのを躊躇しているうちに「スパイの妻」を見損ねたので、代わりに2019年に公開された前田敦子さん...
2020/Dec/17 / category: 映画

Wall Flowerとして眺めるヴァカンスの景色 – 映画『わがままなヴァカンス』 Une Fille Facile

CSの映画チャンネルには「深夜のお色気枠」というものがあるらしい。R15指定になるシーンがあればなんでもOKらしく意外と...
2020/Oct/05 / category: 映画

黒沢清、あるいは変貌し続ける男―2020年ヴェネツィア映画祭で銀獅子賞を受賞―

2020年ヴァネツィア映画祭に出品されていた黒沢清の新作『スパイの妻』が銀獅子賞(監督賞)を受賞したとの知らせが入った。...
2020/Sep/15 / category: 映画

「音の魔術師」を愛した映画監督たち――追悼エンニオ・モリコーネ

2020年7月6日、映画音楽界の巨匠エンニオ・モリコーネが亡くなった。享年91歳。まさに大往生である。何よりも驚くべきは...
2020/Jul/07 / category: 映画音楽

カラーで蘇る戦場の若者のリアル 『彼らは生きていた』-“They Shall Not Grow Old”

カラー化というものに弱い。モノクロ映像でも十分わかるじゃないか、何のための想像力だ!と思うのではある。しかし、カラーで復...
2020/Mar/10 / category: 映画

A Muse Talked アンナ・カリーナの言葉より

アンナ・カリーナ。そのチャーミングな姿はフィルムの中で永遠の命を保ち、これからも見る人々を魅了し続けることだろう。「映画...
2020/Feb/13 / category: 映画ファッション・モード

FRENCH BLOOM NET 年末企画(2) 2019年のベスト映画

恒例の年末企画、第2弾は2019年のベスト映画です。フランス映画を中心に、アメリカ映画から日本やアジア圏の映画まで、幅広...
2019/Dec/25 / category: 映画

いばらの野原を一人ゆく 『愛の記念に』

FBN読書会では『汚れた血』を取り上げたが、あの当時のフランス映画をもう一本取り上げてみたい。 (さらに&hellip...
2019/Dec/18 / category: 映画

遂に明かされた<巨匠>の軌跡――「高畑勲展」

東京国立近代美術館で開催されていた「高畑勲展 日本のアニメーションに遺したもの」が、10月6日に会期を終えて閉幕した。関...
2019/Oct/14 / category: 映画漫画・アニメ

FBN読書会番外編:フランス映画『汚れた血』Mauvais Sang

第6回となるFBN読書会は、いつもと趣向を変え、我々の世代のフランス好きにとって伝説ともいえる『汚れた血』を課題映画とし...
2019/Jun/26 / category: 映画
1 2 3 6
back to pagetop