フランスからグローバリゼーションとオルタナティブを考える新しいフランス学

CHRYSOBERYL  ドレスのようなガトー

posted by

かつての教え子、Ayan さんからいただいた写真です。彼女が Le Cordon Bleu で制作したオリジナル・ガトーの名前はクリゾベリル Chrysoberyl。アレキサンドライトのことです。

イチゴのムースにピスタチオの生地、中はイチゴの果肉入りジュレ、シュトロイゼルと生地の間にはホワイトチョコ。クリゾベリルは太陽の光の下(昼)では暗緑色、白熱灯の下(夜)では淡紅色や赤へと変化しますが、それをピスタチオとイチゴで表現しているとのこと。デコレーションの飴細工も華やかですね。Le Cordon Bleu Japon の Facebook に今期の上級クラス代表として写真が掲載されているそうですよ。ここ1年は彼女にとってフランス人パティシエの高速フランス語と格闘する日々でもありました。

そういえば、Ayan さんは学生時代、ソフィア・コッポラの映画「マリー・アントワネット」にインスパイアされたという某ブランドのお店で働いていて、フランス語の授業にもその服を完ぺきに着こなして現れ、まるで映画から出てきたような姿に唖然としたものでした。「マリー・アントワネット」はファッションとお菓子が全面化したガーリーな映画でしたが、このドレスのようなガトーは彼女のイメージにピッタリです。

マリー・アントワネット (通常版) [DVD]
東北新社 (2007-07-19)
売り上げランキング: 2,911

posted by

人気ブログランキングへ

FBN-banner01 FRENCH20BLOOM20STORE-thumbnail2

cyberbloom

当サイト の管理人。大学でフランス語を教えています。
FRENCH BLOOM NET を始めたのは2004年。映画、音楽、教育、生活、etc・・・ 様々なジャンルでフランス情報を発信しています。

Twitter → https://twitter.com/cyberbloom