romeo-juliette.com/ )。フランスでは社会現象と呼べ […]

" />
フランスからグローバリゼーションとオルタナティブを考える新しいフランス学

フランス招聘版ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』チケット発売

posted by

全世界で500万人以上を動員したこのミュージカル、本家フランス版の来日公演(東京・大阪)が決定し、現在チケットが発売されています(公式サイトはこちら romeo-juliette.com/ )。フランスでは社会現象と呼べるほどの大ブームを引き起こした作品であり、日本では宝塚歌劇団による公演そして日本オリジナル版が昨年上演され、人気を博しました(日本オリジナル版を取り上げた記事はこちら www.frenchbloom.net/fbn_new/2011/10/27/572 )。

Romeo & Juliette歌とダンスのみで構成される本作品、なんといってもメロディーがキャッチーで耳に残ります。フランス語の授業で「エメ(aimer)」という歌をよく聴かせるのですが、授業後に「CDを貸して欲しい」と申し出る学生がいるほどドラマチックな、しかも一度聴いたら必ず覚えてしまうナンバーです。ストーリーは誰でも漠然と知っていますし、舞台での盛り上がりが想像できて楽しめます。そして歌詞が比較的シンプルで、同じフレーズを何度も繰り返すミュージカルナンバーは語学学習の教材としても適当ではないでしょうか。物語を理解していれば、歌詞の背景や歌い手の感情にも非常に親しみやすいのは言うまでもありません。

作曲家は違いますが、『ノートルダム・ドゥ・パリ』もおすすめ。各登場人物の心情がわかりやすく、歌唱も素晴らしいです。

寄稿者:cespetitsriens

 

posted by

人気ブログランキングへ

FBN-banner01 FRENCH20BLOOM20STORE-thumbnail2

cyberbloom

当サイト の管理人。大学でフランス語を教えています。
FRENCH BLOOM NET を始めたのは2004年。映画、音楽、教育、生活、etc・・・ 様々なジャンルでフランス情報を発信しています。

Twitter → https://twitter.com/cyberbloom