フランスからグローバリゼーションとオルタナティブを考える新しいフランス学

Writers in French Bloom Net

cyberbloom「サイバーリテラシー」

  • FRENCH BLOOM NET の管理人
  • ベースギターを弾き、モノ書きのまねごとをしながら、ニューウェーブ青少年として80年代を過ごす。音楽的ルーツはニューウェーブ、さらにはプログレまでさかのぼるが、初めて買ったアルバムはミッシェル・ポルナレフ。思えばこれがフランスとの最初の出会い。
  • 2004年、FRENCH BLOOM NET を始める。

exquise「extra ordinary #2」

  • 関西各地を転々とする非常勤講師。
  • もともと実験的な20世紀小説が好きだが、最近は19世紀あたりの、特にイギリス文学と明治・大正の日本文学ばかり読んでいる。
  • とはいうものの、読書はもっぱら通勤電車の中で、家では映画・音楽・ネット三昧の日々。extra ordinary #2 ではフランス関係の映画・音楽もしくは小説についての身勝手な感想をミーハー心丸出しでお届けします。
  • このほかにもブログを書いています。  ☆フランス関係以外の映画・音楽・本のブログ extra ordinary  poyance.exblog.jp/ ☆80-90年代の音楽を回顧するブログ Three Stars exquise.exblog.jp/

キャベツ頭の男「どうってことない風景」

  • 1973年 福岡に生まれる。
  • 1981年「俺たちひょうきん族」に出会い衝撃を受ける。 ■1984年「ゴーストバスターズ」を見て将来の仕事を決める。
  • 1994年 アイズレーブラザーズのアルバム「3+3」を聞き、過去にさかのぼり生まれ変われたならばグループに入れてもらうことを決意。
  • 2002年 阪神ファンになる。
superlight「SUPER LIGHT REVIEW」 ■専門はフランス思想ですが、いまは休業中。大阪の大学でフランス語教師をしています。 ■小さいころからサッカーをやってきました。が、大学のとき、試合で一生もんの怪我をしたせいでサッカーは諦めて、いまは地元のソフトボールと野球のチームに入って地味にスポーツを続けています。 GOYAAKOD「ファッション通信NY-PARIS」 ■GOYAAKOD=Get Off Your Ass And Knock On Doors ■大阪市内のオフィスで働く勤め人。アメリカの雑誌を読むのが趣味。門外漢の気楽な立場から、フランスやフランス文化について見知った事、思うことなどをお届けします。 不知火検校「映画とクラッシクのひととき」 ■普段はフランス詩と演劇を研究しているが、実は日本映画とアメリカ映画をこよなく愛する関東生まれの神戸人。現在、みちのくで修行の旅を続行 中。 madoline「かんたんフレンチレシピ」 ■子どもの頃に好きだったTV番組:「グラハム・カーの料理ショー」、「料理天国」。そのせいか、気がついたら食いしん坊+料理好きに。高じて数年前に某調理師学校に通う。 ■料理の他に好きなもの:海外ドラマ、映画、音楽(最近は脱力系?)。学生時代、フランス映画にはまる(exquiseさんの影響かな?)。 Sophie ■ フランス料理への興味からフランス語へ。その後、フランス史からカナダの歴史に。フランスの植民地だったカナダのケベック州の歴史を紐解くのは、どこまでも興味が尽きません。ケベックでの四季折々の写真をお見せできる機会が出来て幸せです。試行錯誤の、切り口多様な、Sophie のケベック考察に、よろしくお付き合いください。 黒カナリア「あんな映画、こんな映画」 ■身体と心に気持ちのいい事が大好きな、自分に甘いO型人間。映画は堅すぎるドキュメンタリーをのぞいて、こてこて恋愛物からホラーまでとりあえずなんでも食いついてみる系。 noisette「だまされない人生」 ■ 「ダマされるものか!」と思いながら生きてきた割には、「結構ダマされてたんじゃない?」と思う今日この頃。日本の社会に不満だらけで、「ここにないもの」を見つけたくてフランスに行った。「エトランジェ(外国人)」、「日本人」の身分はそれなりに楽しく過ごすのに役立った。 ■でもユートピアなんかどこにもない。だけど、ずっと日本にいたら見つからなかったものが手に入った。それは、「変だ」と思うことを「変だ」と言う勇気と、どうやったら困った状況から抜け出せるか、自分で考える力だった。 ■「ダマされない人生」をキーワードに、それなりに機嫌よく人生を送るために役立った本や、「報道の仕方が日本とえらく違うな~」と感じたフランスの最新のニュースを紹介していきます。 MANCHOT AUBERGINE「いろんなふらんす―音楽を中心に」 ■軟弱不良中年。仏語非常勤講師。専門は18世紀仏小説。酒飲み。嫌煙家。自転車好き、自動車嫌い。趣味はペンギン研究とこけし収集。ビュル・オジェのファン。 bird dog「すべてはうまくいかなくても」 ■1975 年生まれ。トゥールーズ→尼崎→パリ→大阪と住んで、現在は金沢在住。ライター名が示すように、エヴァリー・ブラザーズをはじめとする60年代アメリカンポップスが、音楽体験の原点となっています。そして、やはりライター名が示すように、スヌーピーとウッドストックが好きで、現在刊行中の『ピーナッツ全集』を順々に読み進めています。一方で、フランスのロマネスク教会を巡り歩いたり、美術館を渡り歩いたり、映画館や書店に出入りするのも大好きです。なので、取り上げる話題も、だいたいそんなところになるでしょう。 Tatamize「何の役にもたちません」 ■インターネットの恩恵にあずかりつつも、情報と技術の膨大な流れの渦にいつもぐるぐると流されて右往左往しているお酒、音楽、フランス、古民家と町家が好きなWEB制作フリーランサー。 ■フランスとベルギーを放浪しているうちに日本と日本人が大好きになりました。自らをタタミゼ(日本文化、日本を好むフランス人を指す)と名乗る屈折した純日本人。妄想と勘を駆使して生活に役立てているようないないような・・・ ■とりあげるテーマは「インターネット」「音楽」「映画」「デザイ ン」関連をまとまりなく。
人気ブログランキングへ