フランスからグローバリゼーションとオルタナティブを考える新しいフランス学

乃木坂46~フランス語訳詩付ミュージックヴィデオ『走れ!Bicycle』

posted by

乃木坂46(48ではない)を御存じだろうか。今をときめくAKB48の公式ライバルとして活動する秋元康プロデュースのアイドルグループである。「46」の由来は「AKB48より人数が少なくても負けないという意気込み」らしい。AKBは2012年9月現在8作連続ミリオン達成、そして前田敦子の卒業がありとあらゆるメディアで取り上げられ、名実ともに国民的アイドルグループだ。はたして今後乃木坂はどのような戦略で売り出されていくのだろうか。

そんな彼女たちの3枚目のシングル『走れ!Bicycle』のミュージックヴィデオは少しフレンチな味付けがされている。冒頭そして途中でフランス語のナレーションが挿入され、全編に歌詞のフランス語訳が流れる(背景と混ざりやや見にくいが)。カラフルでレトロなファッションに身をつつんで踊るメンバー達はとても可愛らしいけれど、サウンド的にはいわゆるフレンチポップスという感じはあまりしない。そもそもタイトルには英単語。お洒落感を醸し出すためにフランス語が使われたということでしょうか。映像とフランス語の響きはマッチしていると思う。曲調はさわやかで、女の子にも好まれそうな路線。 個人的にはNMB48『ヴァージニティー』のようなこれぞアイドル!というコテコテな曲で今回の乃木坂のような映像が観たい。ドールメイクに60年代ファッションでクールに歌ってくれたら嬉しいけれど、やっぱりそういう需要はないかな、残念。

posted by

人気ブログランキングへ

FBN-banner01 FRENCH20BLOOM20STORE-thumbnail2

cyberbloom

当サイト の管理人。大学でフランス語を教えています。
FRENCH BLOOM NET を始めたのは2004年。映画、音楽、教育、生活、etc・・・ 様々なジャンルでフランス情報を発信しています。

Twitter → https://twitter.com/cyberbloom