FrenchBloom.Net フランスをキーにグローバリゼーションとオルタナティブを考える

All articles

フランスの町とお菓子(1):Flan Parisien(パリ風フラン)

フランスのBoulangerie(ブーランジェリー/パン屋)は、日本とすこし違っています。 ほとんどのBoulanger...
2017/Dec/14 / category: 食・レシピ

遂に完結!ピアニスト小山実稚恵の12年連続リサイタル「音の旅」

日本を代表するピアニストの一人、小山実稚恵が12年に亘って続けて来た連続リサイタル「音の旅」が第24回(2017年秋)「...
2017/Dec/10 / category: 音楽

明日から公開!『新世紀 パリ・オペラ座』Show must go on!

パリ・国立オペラ座。17世紀に設立されてから世界中の才能を招き寄せ、延々とオペラとバレエの公演を続けてきた。ロッシーニや...
2017/Dec/08 / category: 映画

カトリーヌ・ドヌーヴ&フロ主演『ルージュの手紙』公開!

原題の Sage femme は「助産婦」の意味だが、邦題は『ルージュの手紙』である。ダブル・カトリーヌ主演なのに「助産...
2017/Dec/05 / category: 映画

あるうち読んどきヤ! 『パリのすてきなおじさん』 金井真紀+広岡裕児 著

この本を手に取ったのは、表紙ののどかなおじさんの絵が目についたからだ。イラストも担当した、おいしいもの好きな自然体ライタ...
2017/Dec/01 / category: 本・文学

ドゥニ・ヴィルヌーヴは電気羊の夢を見たか?―『ブレードランナー2049』について―

近年、映画業界ではフランス系カナダ人が熱い。その筆頭とも言うべきドゥニ・ヴィルヌーヴが、SF映画の金字塔として名高い『ブ...
2017/Nov/27 / category: 映画

パリの日本食ブームの今、を探る【2017年秋:和食レポ1】

「世界で和食が大ブーム」と言われて久しいとはいえ。 大半の和食レストランは中国人の経営で明らかに「何かが違う」感が漂っ...
2017/Nov/24 / category: 食・レシピ

20年後のLove letter ~アレクサンドル・タローのバルバラへのトリビュート盤

トリビュートと銘打ったアルバムが苦手だ。敬意をこめてとうたっているが参加者のためのにわか仕立てのお祭り的にぎやかさが漂い...
2017/Nov/22 / category: 音楽

淡彩で描く芸術家の人生 『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』

実在の人物を描いた劇映画は、大なり小なりヒーロー、ヒロインの映画になる。映画のおもしろさは、ヒーロー、ヒロインの側へ観客...
2017/Nov/13 / category: 映画

産まれたての映画が持つ輝き―『リュミエール!』公開中―

映画が誕生してすでに120年。映画技術はますます発達する一方、上映技術も3D、4D、IMAXなどますます多種多様化してい...
2017/Nov/06 / category: 映画

小関ミオ、あるいはオフラインの音楽

小関ミオが兵庫県内100本ライブ《HYOGO 100 LOVE♡LIVE》を達成した。今夜(11月4日)の神戸元町のブラ...
2017/Nov/05 / category: 音楽

Dig Deeper―『枯葉』を聴きなおす

フランスの歌、といえば誰もがその名前をあげるだろう『枯葉』。シャンソンの代名詞であるばかりでなく、国境もジャンルも軽く超...
2017/Nov/02 / category: 音楽

終わらない悪夢—ワインスタイン事件の爪痕

突然飛び込んできたニュースに目を疑った。ハーヴェイ・ワインスタインといえば、押しも押されぬハリウッドの大プロデューサー。...
2017/Oct/26 / category: 映画

GDPRから勝手に憶測する、EUの崇高なる野望

先日、オランダの某データセンター内で開催されたGDPRの勉強会に参加してきました。 (少し前よりオランダにて生活してい...
2017/Oct/25 / category: IT・情報技術政治・経済

バレエダンサー マニュエル・ルグリの新境地

この夏行われたダンスの公演がテレビ放映されるので、ちょっとご紹介を。2009年まで23年間パリ・オペラ座バレエ団でエトワ...
2017/Oct/09 / category: 演劇・バレエ

ブロンドを生きる ミレイユ・ダルク

ミレイユ・ダルクといえば、キャリアの最盛期だった60年代の頃のポートレートが浮かぶ。きゃしゃですらりとしたスタイル、時折...
2017/Oct/08 / category: 映画

『エル Elle 』 ポール・バーホーヴェン監督 / イザベル・ユペール主演

しかしバーホーヴェンは巨匠なんだろうか。 なぜか巨匠の名を聞くとわたしの頭には「中二」の二文字が必ず浮かんでくるのだが。 確かに「氷の微笑」は良かった。しかし、あれは主役を演じたシャロン・ストーンの妖気漂う美貌とその裏の冷たい知性があってこ...
2017/Sep/19 / category: 映画

生きるとは挑むこと ジャンヌ・モロー

ある老いたハリウッド・スターが晩年こう言ったそうだ。「私にはもう、宝石と思い出しか残されていない。」 フランスが誇る銀幕...
2017/Sep/12 / category: 映画
1 2 3 22
back to pagetop