FrenchBloom.Net フランスをキーにグローバリゼーションとオルタナティブを考える

Category / 映画

Into Myself, Into You ー90年代のAct Up Parisを巡るモノローグー Mr. Fingers …

『BPM ビート・パー・ミニット』を見た。2017年のカンヌ映画祭グランプリ受賞作。1990年代初頭のフランスでエイズ患...
2018/May/01 / category: 映画音楽

ジャック・リヴェットは死なず!―不知火検校のパリ探訪2018(その1)―

2018年3月中旬から下旬にかけて、久しぶりに仕事でフランスを訪れた。2月下旬にヨーロッパを襲った大寒波は既に勢力が衰え...
2018/Apr/02 / category: 映画

偶然続けて強い女の映画を見た~「ローズの秘密の頁」&「スリー・ビルボード」

偶然続けて強い女の映画を見た。 ジム・シェリダン監督「ローズの秘密の頁」 原作はアイルランドのコスタ賞を受賞した ...
2018/Feb/13 / category: 映画

映画『ローラ殺人事件』よりテーマ 

フランスには必ずしも関係しないけれども、今この時、ほんのひとときお耳を拝借したい。そんな気まぐれめいた理由でお届けする一...
2018/Jan/29 / category: 映画音楽

FRENCH BLOOM NET 年末企画(2) 2017年のベスト映画

恒例の年末企画、第2弾は2017年のベスト映画です。フランス映画を中心に、アメリカ映画から日本やアジア圏の映画まで、幅広...
2017/Dec/25 / category: 映画

明日から公開!『新世紀 パリ・オペラ座』Show must go on!

パリ・国立オペラ座。17世紀に設立されてから世界中の才能を招き寄せ、延々とオペラとバレエの公演を続けてきた。ロッシーニや...
2017/Dec/08 / category: 映画

カトリーヌ・ドヌーヴ&フロ主演『ルージュの手紙』公開!

原題の Sage femme は「助産婦」の意味だが、邦題は『ルージュの手紙』である。ダブル・カトリーヌ主演なのに「助産...
2017/Dec/05 / category: 映画

ドゥニ・ヴィルヌーヴは電気羊の夢を見たか?―『ブレードランナー2049』について―

近年、映画業界ではフランス系カナダ人が熱い。その筆頭とも言うべきドゥニ・ヴィルヌーヴが、SF映画の金字塔として名高い『ブ...
2017/Nov/27 / category: 映画

淡彩で描く芸術家の人生 『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』

実在の人物を描いた劇映画は、大なり小なりヒーロー、ヒロインの映画になる。映画のおもしろさは、ヒーロー、ヒロインの側へ観客...
2017/Nov/13 / category: 映画

産まれたての映画が持つ輝き―『リュミエール!』公開中―

映画が誕生してすでに120年。映画技術はますます発達する一方、上映技術も3D、4D、IMAXなどますます多種多様化してい...
2017/Nov/06 / category: 映画

終わらない悪夢—ワインスタイン事件の爪痕

突然飛び込んできたニュースに目を疑った。ハーヴェイ・ワインスタインといえば、押しも押されぬハリウッドの大プロデューサー。...
2017/Oct/26 / category: 映画

ブロンドを生きる ミレイユ・ダルク

ミレイユ・ダルクといえば、キャリアの最盛期だった60年代の頃のポートレートが浮かぶ。きゃしゃですらりとしたスタイル、時折...
2017/Oct/08 / category: 映画

『エル Elle 』 ポール・バーホーヴェン監督 / イザベル・ユペール主演

しかしバーホーヴェンは巨匠なんだろうか。 なぜか巨匠の名を聞くとわたしの頭には「中二」の二文字が必ず浮かんでくるのだが。 確かに「氷の微笑」は良かった。しかし、あれは主役を演じたシャロン・ストーンの妖気漂う美貌とその裏の冷たい知性があってこ...
2017/Sep/19 / category: 映画

生きるとは挑むこと ジャンヌ・モロー

ある老いたハリウッド・スターが晩年こう言ったそうだ。「私にはもう、宝石と思い出しか残されていない。」 フランスが誇る銀幕...
2017/Sep/12 / category: 映画

『真白の恋』~トークイベントを終えて

8月26日、神戸の元町映画館に坂本欣弘監督を迎えて『真白の恋』のトークイベントを開催した。今回はフランス映画ではなく、富...
2017/Sep/07 / category: 映画

「奇跡」を生きた二人 ―特集上映「ドゥミとヴァルダ、幸福についての5つの物語」 ―

かつてはジャック・ドゥミと言えば『シェルブールの雨傘』、アニエス・ヴァルダと言えば『冬の旅』だった。確かにそれでも間違い...
2017/Jul/17 / category: 映画

ドワイヨン、あるいは映画を「発見」すること―フランス映画祭25周年を祝して―

フランス映画祭が今年も6月22日から25日まで開催された。この映画祭も2017年で25回目を迎えたという。当初、この映画祭は横浜を会場として始まり、その地で10年ほど安定して続いて来た。その後、諸々の理由から2000年代に有楽町周辺に開催場...
2017/Jun/28 / category: 映画

ロイ・フラーを目撃せよ! 異色の伝記映画『ザ・ダンサー』

伝記映画をつい見てしまうのはどうしてだろう。絵になる逸話がつまっている、取り上げられた人物がすこぶる魅力的、等あるけれど...
2017/Jun/26 / category: 映画
1 2 3 5
back to pagetop