FrenchBloom.Net フランスをキーにグローバリゼーションとオルタナティブを考える

Category / アート・デザイン

FRENCH BLOOM NET 年末企画(4) 今年の注目ニュース&ベストイベント

最後は今年の重大ニュース&ベストイベントです。exquise さんがベスト美術展、おぎのんさんがベスト公演(バレエ)、bird dog さん、Jaidin さん、cyberbloom が今年の注目ニュースをお届けします。みなさん、良いお年を...
2014/Dec/29 / category: アート・デザイン政治・経済

Why not “Mon Oncle” !

French Bloom Netも少しお手伝いしているジャック・タチ映画祭 in 神戸(元町映画館)。 何かと謀殺され...
2014/Jul/10 / category: 映画アート・デザイン

金沢21世紀美術館

金沢21世紀美術館に行ってきた。今年の夏はルーブル美術館ランス分館に行きたかったのだが、渡仏すら叶わなかったので、帰省ついでに同じSAANA設計の金沢21世紀美術館に行こうと決めた。金沢の町を歩いたのは何十年も前のことだ。隣りの富山県で生ま...
2013/Aug/15 / category: アート・デザイン

ルーブル美術館ランス分館オープン-大美術館と炭鉱の町のマリアージュ

12が3つ並んだ2012年12月12日、ルーブル美術館ランス分館 Le Louvre-Lens がオープンした。3週間で10万人が来場し、上々の滑り出しとなった。美術館の地方分権の先輩であるポンピドゥーセンター・メッス分館はすでに開館から2...
2013/Feb/05 / category: アート・デザイン

受難のフレスコ画または教会の存在意義について

スペイン北東部の町ボルハ(Borja)にあるミゼリコルド教会 (Santuario de Misericordia) のフレスコ画が世界的な話題をさらっている。それはエリアス・ガルシア・マルチネス Elías García Martínez...
2012/Aug/25 / category: アート・デザイン

フォントの快楽

ヨーロッパの文化的伝統が育んだカリグラフィは、アルファベットを美しく書くアートである。それはコンピュータ文化の中で改めて注目されている。スティーブ・ジョブズが中退したリード大学では、アメリカ国内で最高のカリグラフィ教育を行っていて、彼は中退...
2012/Jul/29 / category: アート・デザイン

ミニチュア都市

先日、NHKでおもしろい番組をやっていました(どうやらぼくが観たのは再放送のようでしたが)。こちらです。 (さらに…) ...
2012/Jul/07 / category: アート・デザイン

machine to think different -ジョブズとボードレール (1)

スティーブ・ジョブズはかつてヒッピーで、幻覚剤の LSD を服用し、禅に傾倒し、インドを放浪した。グーグルの創業者、ラリー・ペイジは西海岸のサイケバンド、グレートフル・デッドの大ファンだった。これは今や誰もが引用する、現在と1968年を結び...
2012/Feb/12 / category: アート・デザイン

世界中で美術館人気 フランスとスペインの場合

2011年は、世界中の美術館が記録的な入場者を迎えた。フランス全体で2011年は前年比で5%増加した。個別に見てみよう。 (さらに…) ...
2012/Jan/31 / category: アート・デザイン

Superdry 極度乾燥(しなさい)

アヌシー(仏サヴォワ地方)の街角でふと見つけた看板。中国発のバッタもんかと思いきや、ネットで調べてみるとロンドン発のブランドはないか。Twitter で看板の写真をアップすると、ロンドン在住のフォロワーの方々から情報が上がってきた。 (さ...
2011/Aug/26 / category: アート・デザイン

魅力的な侵入者≪スペースインベーダー≫

みなさんはすでに街角でご覧になられているかもしれません。「スペースインベーダー」とはモザイクでできたコンピューターゲームのキャラクターです。彼らはもう何年も世界中のおおくの町を侵略してきました。パリでは、素性を明かしていないこのインベーダー...
2011/Jun/14 / category: アート・デザイン

「澱み」と対極を成す言葉のような:長崎県立美術館

「清々しい」「爽快な」「晴れ晴れとした」・・・ その印象を一言で表現しようとしながらも、ボキャブラリー不足を痛感しつつ。 東日本大震災から1ヶ月半が過ぎ、どうにも晴れない気持ちと楽しむことへの若干の後ろめたさを引きずりつつもGW休暇で訪れた...
2011/May/06 / category: アート・デザイン

ドゥルオのサヴォワ人たち – 競売独占権の終焉

その昔パリにいたころ古書好きの大学の先生にドゥルオ Drouot (メトロ8&9号線に駅あり)の競売会場に行ってカタログを手に入れて来いと言われたことがある。そこでは古本や絵画やアンティークが取引されるが、代々サヴォワ地方の出身者が...
2010/Sep/03 / category: アート・デザイン
back to pagetop